So-net無料ブログ作成
検索選択

ニキビの治療を間違えてませんか?【負のスパイラル】 [ニキビ情報最前線]

ニキビで間違った洗顔治療を続けてしまってる人はあんがい多くて、症状も治ってもすぐに再発するを繰り返します。

そして気が付いたころには、ニキビの改善どころか「敏感肌」や「アトピー」を引き起こしてることもあります。

なぜそうなってしまうのでしょう?


そのそも最初にニキビが出来る原因は
①多く分泌された皮脂が、毛穴などに溜まってしまい
②溜まった皮脂の酸化が始まり角質が詰まりはじめる(黒ニキビ常態)
③ニキビ菌が感染する事で毛穴が化膿してニキビとして現れてきます

実はそのとき、肌はダメージを食らって少し弱くなっているのです。
そのためニキビが出来やすい肌になり「ニキビ負のスパイラル」へ徐々に近づいていきます。

一番多い間違え
①皮脂を取り除こうと躍起になる事、すなわち頑張って洗顔を行って肌を擦りすぎている②肌を雑菌から守るため、殺菌の意識が強くなる

たしかに皮脂の除去は進んで、肌が無菌状態に近づくのですが、ニキビで弱った肌をさらに弱めてしまってるので、ニキビサイクルを促進してる事になってるのです(汗)

そうすると肌バリア以前より弱まり、肌も弱っているので、微量の菌の侵入でも対処できず化膿させてしまいニキビになりやすくなります。

負のサイクルが回り始めると「どんどんニキビが出来やすい肌」になって行き頑張っても「間単にニキビができる肌」になって行きます。

それにニキビ菌(P.acnes)と呼ばれてる細菌は
誰にでも普通に存在している皮膚常在菌なので、殺菌しなくてはならないものではなく、悪いのはニキビになってしまう「弱い肌」の方なのです。


だからニキビになりにくい強い肌を手に入れる事で、本当のニキビ知らずになりませんか?

⇒ ニキビの原因を正しくケアや詳しくはこちらから







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。